楊貴妃 ツバメの巣

楊貴妃が愛したツバメの巣は、現代でも大人気?

 

楊貴妃 ツバメの巣

 

1300年も前の中国、唐の時代に玄宗の妃となった楊貴妃

 

玄宗皇帝から深い寵愛を受けたといわれ、現代でも絶世の美女として名が知られています。

 

玄宗は、楊貴妃に夢中になり過ぎ、政治に興味を失うほど!

楊貴妃 ツバメの巣

楊貴妃は、白く透き通る肌をもち、微笑むだけで、万人を引き寄せ、魅力をふりまいていたそうです。

 

そんな楊貴妃は、玄宗皇帝の気持ちを繋ぎ止めておくために、美に関する努力を惜しまなかったにちがいありません。

 

楊貴妃の美容法については、いくつも語り継がれていますが、美容食材のうちのひとつが、ツバメの巣!!

 

楊貴妃 ツバメの巣ツバメの巣(アナツバメの巣)を永遠の美と健康を保つために好んで食べていたそうです。

 

アナツバメの巣は現代でも、その絶大な効果を認められており、香港のリッチなマダム達はの間では、お店の品薄状態を招くほど人気になっているそうですよ!

 

楊貴妃 ツバメの巣

 

食した後の実感力」が評判で、口コミ情報が拡散されているそうです!


 

アナツバメの巣は、古来、中国で不老長寿の妙薬として伝えられてきました。

 

全身の血行を促し、免疫機能を正常化させ、美しい肌を手に入れられると信じられています。

 

ありとあらゆる健康法や美容法を試したであろう楊貴妃の美の秘密が、アナツバメの巣だとしたら、現代のリッチなマダムが手に入れたくなるのも当然ですよね。

 

楊貴妃 ツバメの巣

 

現代では、ツバメの巣に含まれる成分「シアル酸」「E.G.F.様物質(表皮成長因子)」「F.G.F.(線維芽細胞増殖因子)」が美容に効果があると科学的に証明されています。


 

でも、楊貴妃の時代には、科学的根拠のないままに、体感として人々が認めて拡散されていったはずです。

 

女性の美に対する執念が、現代まで語り継がれ、口コミが拡散し続けていると言っても過言ではないのかもしれませんね。

 

さらに、楊貴妃にまつわる驚きのエピーソードがあります。

 

楊貴妃のお墓は、西安にあるのですが、この墓の盛り土が春になると白粉に変わり、
良い香りを漂わせていたというエピソードがあります。

 

さらに、その白粉を塗ると、美人になれるという噂が広まり、
楊貴妃の墓の盛り土を訪れる人が持ち帰り、数年のうちに盛り土がなくなってしまったそうです。

楊貴妃 ツバメの巣

楊貴妃が愛用したツバメの巣を真似るだけでなく、
墓の盛り土を肌に塗っても美しくなりたいと思う女性の執念を思うと、
「女性って可愛い生き物!」なんて、思ってしまいますよね。

 

 

楊貴妃の生きた時代・歴史に記されるツバメの巣

 

アナツバメの巣は、中国では最高級の食材で、食通にとって注目を集めていました。

 

医学的にも効果を認められ、美容目的だけでなく医療としても使用されていたと言われています。

 

  • りんごとツバメの巣を混ぜてミルクで煮たもの
  • ツバメの巣を氷砂糖でシロップ煮にしたもの
  • 鶏肉をあんかけにしてのせたもの

 

楊貴妃がどのようにツバメの巣を食していたかは解りませんが、
おそらく美味しくなるよう工夫されて召し上がっていたことでしょう。

 

故蒋介石夫人の宋美齢は、ツバメの巣を美容と健康のために欠かさなかったと言われていますが、
100歳近くになっても50歳にしか見えなかったという逸話があります。

 

中国では、「医食同源」という「飲食物によって体調をコントロールする」という考え方があります。

 

楊貴妃 ツバメの巣

 

夫人も長生きだったことから、ツバメの巣は医食同源には欠かせない食品だということは、間違いないのかもしれません。


 

カップラーメンやファーストフードなどの利便性を重視した食生活を繰り返しながら、高級な化粧品を使用している姿を楊貴妃が見たなら…。

 

その間違いと不合理を指摘されてしまうに違いありませんね。

 

そんな現代人でも、100%アナツバメの巣を使用した信頼できる商品がありますよ!

 

現在、商品化されているアナツバメの巣を100%使用した【美巣】を楊貴妃が食したのなら、
楊貴妃の口コミも是非聞きたいところですね。

 

美巣16 楊貴妃 ツバメの巣

 

おそらく、楊貴妃が現代の日本に生きていたなら、間違いなく試したサプリメントだったに違いないでしょう。

 

楊貴妃の愛したツバメの巣の効果に興味のある方は、参考にしてみてくださいね!

 

※参考:現代人のための美巣<ツバメの巣>美容法
↑↑↑
クリックすると、現代人が安全に本物のツバメの巣を取り入れる方法(美巣)についての記事へジャンプします。